ワードプレスがめちゃくちゃ重たいときの原因は?!高速化させるためのメモ。

最近、私のある運営サイトがめちゃくちゃ重いと感じるようになった。

なぜこんなにも重たいのだろう。

つい最近までそれほどに気にならなかったのだが。

ある日突然、レスポンスが悪く。ページを遷移させたとき特に。

タイミング悪ければ、エラーと表示されたり。

原因はサーバーなのか?

それは最終手段だ。

じゃあ、候補となるものは。

プラグイン。

検索で調べても、余計なプラグインが原因で遅くなったりするそうだ。
使わないプラグインは削除したりして高速化に適なことを書いてあったりする。

でも、最低限のプラグインです。
順番に見ていったところ、おそらくこれかなと思ったのが「Head Cleaner」というプラグイン。

headタグ内のJSやCSSを圧縮したり、フッターに移動させたり、キャッシュさせたりするものです。

ちょっと待ってよ。キャッシュ!!!

これか。

と思って、サーバー内を確認。

場所はこちら。
/wp-content/cache/head-cleaner

この中にあるはずだ。

間違いない。

cssフォルダとjsフォルダがあるではないか。

cssは問題なさそうだ。

jsが怪しい。

すると、そこには1万ファイル以上もの大量のjsファイルがキャッシュとして残っていた。

およそ900MB以上もの容量が。。
これが原因かもしれないな!

一撃で削除してやったよ。

おそらく、管理画面内の「Head Cleaner 設定」にある項目にキャッシュを残すにチェックがあったのが原因だな。

削除が終わったら、すんなり軽くなった。

サイトの表示速度は検索エンジンからの評価が下がったりしますので
上位表示にも影響がでたり。

そもそもユーザーの人のためにも、表示が遅いと嫌われてしまいますので。

以後、気をつけよう。

おかげで快適さ!

合わせて読みたい。
WordPress高速化&スマート運用必携ガイド

  • Twitterをフォロー
  • Facebookページを見る
  • RSSを登録
  • follow us in feedly